TOP  新製品情報  注文方法  取扱販売店  サポート


2.法隆寺金堂

金堂は、現在の法隆寺の中で最も古い建造物であり、重層・入母屋造り、本屋根瓦葺きの堂々たる建造物で、

金堂内には、法隆寺の象徴ともいうべき釈迦三尊像が安置されている。


 所在:〒636−0115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1の1

画像をクリックすると、拡大画像がご覧いただけます。



正面








正面扉


四方に設置された飾り彫刻










後の修理時、屋根の重さを支える為に建てられた柱に付けられた龍の飾り彫刻



デジタルアーカイブ TOPへ戻る